スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | スポンサー広告

後藤真希

後藤真希(ごとう まき、1985年9月23日 - )は、日本の歌手、女優である。ハロー!プロジェクトの一員で、元モーニング娘。のメンバー。日出女子学園高等学校中退(普通科中退→通信科編入→中退)。アップフロントエージェンシー所属。東京都江戸川区出身。血液型はO型。愛称はごっちん、ごっつぁん、ごまちゃん 。
モーニング娘。/浪漫 ~MY DEAR BOY~(通常版)(CD)モーニング娘。/Ambitious!野心的でいいじゃん(通常版)(CD)モーニング娘。/ふるさと(CD) モーニング娘。おとめ組/愛の園~Touch My Heart~
●モーニング娘。“ライブレボリューション21春~大阪城ホール最終日”<初回限定盤>DVD(2001...《送料無料》モーニング娘。/レインボー7(限定)(CD)●モーニング娘。“モーニングコーヒー”CD<通常盤>(2005/03/02)●モーニング娘。“シングルV「涙が止まらない放課後」”<初回限定盤>DVD(2004/11/3)
モーニング娘。/他/ハロー!プロジェクトラジオドラマ大阪編 Vol.2(初回生産●モーニング娘。“THE マンパワー!!!”<通常盤/初回特典封入>SCD(2005/1/19)モーニング娘。/SEXY BOY~そよ風に寄り添って~(初回生産限定盤)モーニング娘。/女子かしまし物語(CD)
●モーニング娘。“直感2~逃した魚は大きいぞ!~”<通常盤/初回特典封入>(2005/11/9) モーニング娘。/愛あらば IT’S ALL RIGHT【送料無料】モーニング娘。/ベスト!モーニング娘。2〔送料無料キャンペーン中〕オムニバス プッチベスト6-CD-
モーニング娘。/ここにいるぜぇ!(CD)モーニング娘。/シャボン玉(CD)モーニング娘。/Do it!Nowモーニング娘。/ベスト!モーニング娘。1
● モーニング娘。”モーニング娘。のひょっこりひょうたん島”CD<通常盤>(2003/2/19)モーニング娘。おとめ組/友情~心のブスにはならねぇ!【CD】モーニング娘。 / 愛の第6感【通常盤】 <2004/12/8>●モーニング娘。“抱いてHOLD ON ME!”CD<通常盤>(2005/03/02)
■送料120円 通常盤■モーニング娘。■CD【SEXY BOY~そよ風に寄り添って~】■'06/3/15発売

特徴
モーニング娘。加入当時は金髪だったが、本人曰く「学校が夏休みだったから金髪に染めた」という。
モーニング娘。に加入した当初、「教育係」として市井紗耶香がついた。ちなみに、これが初の「教育係」であった。翌年の次の新メンバー加入時には一人一人に教育係がつくことになり、後藤は早くも加護亜依の教育係に指名された。
歌う時のマイクの持ち方が特徴的で、ほとんどの場合、左手の小指をマイクに沿わして平行に伸ばして持つ。松浦亜弥によれば、ごまっとうでこの持ち方に合わせることになったため、苦労したとのこと。ちなみに、田中れいなも同じ持ち方をしている。
プッチモニとしても共に行動していた同い年の吉澤ひとみとは、公私共に仲が良く「名コンビ」とも謳われた。
マスコミや一般人から「ゴマキ」と呼ばれることが多いが、かつて後藤久美子が「ゴクミ」と呼ばれることを快く思っていなかったのと同じく、後藤本人も「ごっちん」「ごっつぁん」と呼んで欲しいと語っており、ファンもゴマキとは呼ばない(「ゴクミ」をもじって造られた呼称であるため)。ただし、後藤本人や事務所の意向をかなり尊重しているが、ハロー!モーニング。のキャラクターで「ゴマキペンギン」「ゴマキスズメ」のように使われてもいる(相棒の吉澤も「ヒトミペンギン」「ヒトミカラス」で参加)。なお本人は、自分のことを「後藤」と言う。
ハロー!プロジェクトメンバーの中でも「スタイルがいい」と評されることが多く、写真集等のグラビア媒体でも活躍している。ライブなどでは筋肉質の鍛えられた肢体を披露し、小川麻琴・田中れいなら後輩の憧れの的なのだが、本人はむしろ女性らしい体型を望んでおり、筋肉がついてムキムキになることを嫌がっている。ちなみに腕相撲は辻希美と1・2位を争う強さを誇り、ハロプロの中では割と体を鍛えているはずの矢口真里が両腕でやっても勝てないという。 
ハロプロの中でもトップクラスの運動神経の良さを持ち、ハロー!モーニング。での運動神経テストではパーフェクトの数値を記録した事がある。
デビュー時の印象や外見から、クールで大人っぽいという一般的なイメージとは裏腹に、無邪気な言動や料理やお菓子作りが趣味という可愛らしい面がインタビューやラジオ番組等で明らかにされている。
他にメジャーな愛称があるハロー!プロジェクトのメンバーを独特の愛称で呼ぶ傾向がある。例えば、松浦亜弥(「あやや」)を「まっつー」(この愛称は、安倍なつみも使用していることから、「後浦なつみ」内での共通の愛称であると推察される。)、新垣里沙(「豆」「ガキさん」)を「ニイニイ」、道重さゆみ(「さゆ」「しげさん」)を「ミッチー」と呼んだりしている。
ソロデビュー曲「愛のバカやろう」によって、オリコン初登場1位最年少記録保持者となった。(15歳6ヶ月) 1986年(昭和61年)、当時おニャン子クラブだった渡辺満里奈がデビュー曲「深呼吸して」(バックコーラスは生稲晃子・工藤静香という豪華メンバー)で樹立した最年少記録15歳11ヶ月以来、15年振りの記録更新であった。

略歴
1999年
8月 -モーニング娘。第2回追加オーディションに合格してモーニング娘。第3期メンバーになる。
本来2人追加される予定だった(1999年9月9日に9人になる、というノリである)が、つんく曰く10年に一人の逸材、才能が飛び抜けていたと言う理由で後藤一人になった経緯がある。

9月 - 加入後すぐ発売した「LOVEマシーン」から、いきなりグループのセンターポジションに座る。
11月 - 保田圭・市井紗耶香と3人でグループ内ユニット「プッチモニ」としてもデビュー。『ちょこっとLOVE』は110万枚の売上げを記録。
2000年
4月 - 『ハロー!モーニング。』スタート。初代司会者として番組を盛り上げる。
2001年
3月 - 『愛のバカやろう』でソロデビュー。オリコン初登場1位を記録。
7~9月 - 連続テレビドラマ初出演『マリア』(TBS系)で、4姉妹の末っ子の役を担当。
2002年
9月23日 - 17歳の誕生日にモーニング娘。を卒業。
11月 - 松浦亜弥・藤本美貴とユニット「ごまっとう」を結成。『Shall We LOVE?』をリリース。
2003年
ミュージカル『けん&メリーのメリケン粉オンステージ!』や、映画『青春ばかちん料理塾』で、初主演。
12月31日 - ソロとして「NHK紅白歌合戦」初出場。
2004年
10月 - 安倍なつみ、松浦亜弥と、ユニット「後浦なつみ」を結成。『恋愛戦隊シツレンジャー』をリリース。
10月、12月 - 某局の音楽番組で特捜戦隊デカレンジャーとの夢の競演をなっちとあややで果たす。
12月31日:「後藤真希&松浦亜弥」として「NHK紅白歌合戦」に出場。2回連続の出場を果たす。
2005年
大河ドラマ「義経」出演(能子役)。
10月 - 安倍なつみ、松浦亜弥、石川梨華とともに「DEF.DIVA」(デフ.ディバ)を結成、シングルを発売。オリコン初登場1位。(5つの名義での首位獲得を記録)しかし、このユニット名で「義経」の裏番組「歌笑HOTヒット10」に出演した。
2006年
2月 - 急性腸炎を発症し、舞台「ハロ☆プロ オンステージ!」(2月15~19日)を降板して休養したが21日に復帰。
6月 - 「後藤真希シークレットライブ」(シングル「ガラスのパンプス」購入者特典イベント)において、初めてライブハウスでのソロライブを行った。

紅白との数奇な縁
1999年 - デビュー以来モーニング娘。としては当然のように2001年までNHK紅白歌合戦(以下紅白)には連続出場していた。
2002年 - 誕生日を期に「卒業」したのだがタイミングが遅すぎた。モーニング娘。「卒業」後ソロ第1弾として予定されていたシングルリリース予定がキャンセルされて「ごまっとう」を急遽結成し、「Shall We LOVE?」をリリースして紅白出場必勝体勢で臨んだ。しかし、藤本美貴が想定外のヒット曲を飛ばしたため、押し出される形でこの年は出場を逃す。このため実質のソロデビュー曲は続く12月リリースの越路吹雪のカバー曲「サン・トワ・マミー」となった。しかも、この曲はミュージカル中のみ歌われ、ソロになってからのオリジナル曲は翌年の「うわさのSEXY GUY」を待つ事となる。
2003年 - 「紅白」に初出場を果たす。なぜかCDリリースしていない(その2年後に発売のベストアルバム「後藤真希プレミアムベスト1」にてCD化)杏里のカバー曲、「オリビアを聴きながら」を歌う。イントロにはモーニング娘。の「LOVEマシーン」を暗示させるアレンジを用い、曲中の衣装替えには黒子として安倍らモーニング娘。のメンバーを従えて、衣装を脱ぐパフォーマンスにモーニング娘。からの「卒業」のアピールを込めた。この曲選択はモーニング娘。に応募したときに歌った曲ということで「本人の意向」とされている。
2004年 - 後浦なつみで出場決定した。しかし安倍の活動自粛が決定直後の11月下旬になって勃発し、このあおりを喰ってユニット出場は不可能になった。結果として安倍の出演辞退ということで後浦なつみ名義も取り消して「後藤真希&松浦亜弥」として出場。なおこの時の歌は童謡と二人それぞれの持ち歌である「手を握って歩きたい」「奇跡の香りダンス。」をメドレーにして歌う。結果的に安倍の不祥事のおかげで、ソロの持ち歌披露という3年越しの念願を実現することが出来た。二人のパフォーマンスが手堅いものであったことは勿論だが、事件の顛末としての注目もされ、毎分視聴率でこの年の紅白としては非常に高い数字を叩き出すことになった。
2005年 - DEF.DIVAでの出場が決定、「紅白最多初出場」のタイ記録(女性では新記録)という珍記録を達成した。また、モーニング娘。卒業メンバーとして、総勢19人でステージを行った。
スポンサーサイト
20:34:22 | 元モー娘。
石川梨華| HOME | 市井 紗耶香
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。